2010/07/30 都会固まって住んだほう地球温暖化抑


2010/07/30 都会固まって住んだほう地球温暖化抑。何をもって適当な人口とするのかなどは忘れましたが、過密?過疎とは、その地域に暮らすことが可能な人口よりも多いか少ないかだそうです。都会固まって住んだほう地球温暖化抑えるこできるのでないでょうか 地球温暖化の防止に向けて:一人一人にできる対策。地球温暖化への対策を求められているのは。政府や企業だけではありません。
家庭部門から排出される二酸化炭素の量も決して小さいものではないからです。
暮らしで使うエネルギーを。太陽光発電などの身近な自然平成26年度第2回。また。二つ目の議事は。北海道地球温暖化対策推進計画に基づく措置及び施策の
実施状 況についてで以上の10点でございますが。お手元にございます
でしょうか。極端現象の一つ一つは確率として起こっているので。地球温暖化
だと断国のほうもそれを計算できていないわけだし。それに基づいて。そう
ではない

地球温暖化はなぜ起こるの。本やテレビなどで。「地球温暖化ちきゅうおんだんか」ということばを聞い
たことがあるかな?なんて思ったりするかもしれないけど。地球がどんどん
暖かくなっていくと。わたしたち人間のほか。たくさんの動物や植物たちが。
これまでのように生きていけわたしたちが住んでいる地球は。太陽の光
によってあたためられ。地球から宇宙へ逃げる熱を「温室効果おんしつこうか
ガス」と呼ばれるガスがつかまえて。わたしたちが生活しやすい温度にして
くれているんだ。。くらしの中の省エネを考えることは非常に重要です。使っていない部屋の明かり
や見ていないテレビをつけっぱなしにしていないか。冷房で冷やしすぎたり。
暖房で暖めすぎたりしていないか。不必要に給湯の温度を上げていないか。水を
出し

何をもって適当な人口とするのかなどは忘れましたが、過密?過疎とは、その地域に暮らすことが可能な人口よりも多いか少ないかだそうです。確かに日本人は家畜でエサを与えて飼育するだけならばケージに詰めて高く積み上げれば効率よいでしょうね。けど人間はいろんな意味で家畜ではない。にかかわらず、地方は人口減少?少子高齢化?消滅危機の時代ですが、ではなぜ土地?自源のないリトル東京に人が集まり、緑豊かな資源のある地方から人間がいなくなるのか???地方が潰れれば都会も潰れます。もっと深い部分から考えてみる必要があるとおもいますよ。都会に固まって住んでも、地球温暖化を抑えることはできません。人為的に排出したCO2は温暖化の原因ではないからです。2000年までの温暖化は1000年ぶりの活発な太陽活動による自然現象です。太陽活動、太平洋十年規模振動、大西洋数十年規模振動と気温の相関係数は極めて高く、0.98です。同じ期間のCO2と気温の相関係数は0.66でした。CO2と気温に相関があるように見えるのは、都合の良い所だけを取り出した過去100年だけで、過去4000年でも、過去1万年でも、過去6億年でも相関がありません。7億年前にCO2濃度数千ppmでもー50度になる全球凍結が起きたこと、古生代にCO2濃度が4300ppmでも氷河期があったことを温暖化CO2原因説で説明できません。 今よりも30%も少ないCO2濃度280ppmでも1000年前の中世温暖期、2000年前のローマ温暖期、3300年前のミノア温暖期が現在程度の温度だったこと、6000年前は2度高かったことを温暖化CO2原因説で説明できません。 また、2000年以降、9%近く、36ppmもCO2濃度が上昇したのに、気温が15年以上横ばいのままであることを説明できません。一方、どの期間でも相関があるのは宇宙線強度と気温です。「赤外線がCO2を吸収すると実証もされつつある」は違います。既に1800年代後半にチンダルが実験で実証している既知の事実です。「赤外線がCO2を吸収すると実証もされつつあるから大気中の二酸化炭素増大は温暖化に結び付く」は間違っています。温暖化CO2説ではCO2が地表から出る遠赤外線のうち、波長15μm付近の赤外線しか吸収できないこと、波長15μm付近の地球放射は既にCO2によって全部吸収され、その全部が下向き大気放射として地表に戻っていること、波長15μm付近の地球放射の宇宙への透過率は既にゼロで、CO2濃度が上昇しても赤外線の吸収が増える余地が全くないことを見落としています。大気通過後の放射スペクトルCO2は8~13μmの大気の窓領域の地球放射を吸収できませんから、放射冷却を減らすことはできず、濃度上昇による温暖化も不可能です。図3.5 大気放射のスペクトルCO2の赤外線吸収波長15μm付近では、上向きの地球放射の線と下向きの大気放射の線が一致しています。この波長では100%遠赤外線を通していないし、CO2が吸収した遠赤外線の全部が、周囲の空気を暖めることなく、再放射により大気放射として地表に戻っています。CO2の赤外線吸収波長15μm付近では、放射の収支がゼロで、正味の放射は起きていませんから、CO2濃度の上昇による赤外線吸収の増加、温室効果の増大、温暖化はいずれも物理的に不可能です。CO2に温室効果はありますが、既に温室効果を100%発揮済で、CO2濃度が上昇しても赤外線の吸収が増える余地がないことを温暖化CO2説支持者は理解していません。近々では小氷期に向かっています。太陽活動の現代極大期は2000年頃に終わり、現在は普通の活動に戻っていて、さらに活動は低下し続けています。最近、言われるようになったのは、太陽活動が大幅に低下し、宇宙線が増え、スベンスマルク効果で雲が増えて寒冷化し、「小氷期が来る」です。2030年頃は太陽活動が200年ぶりにダルトン極小期並みに大きく低下して、スベンスマルク効果で雲が増えて、2045年頃に1~3度寒冷化する見込みです。1850年以前のような小氷期に入るかもしれません。2100年の気温は1870年頃の気温となりそう。太陽活動による200年周期、太平洋十年規模振動、大西洋数十年規模振動による65年周期で気温は変動→『温暖化という現象の暑さ対策?』を言いたいのならば、逆じゃあないですか?地方へ分散して暮らすほうが暑さ対策になるんだと、考えるのですよ!都市国家に形態変更すればね。仮に政令指定都市に国民が集中して暮らすことにしましょう。国民のほぼ全員が都市の高断熱省エネ高層ビルに住み、温水はゴミ焼却炉や汚物発酵槽からのガス焼却で地域供給し、電気は原発も含めて引っ越しさせて住宅地の近くに置いて給電ロスを避け、工場も周辺に移動させます。全戸、太陽光発電対応です。同心円状の都市形態です。農家、畜産家は広い土地がいるので、高層ビルから電車で郊外の農地等に通います。米や小麦、蕎麦などを栽培します。野菜類も。その電車で農畜産物は都市高層ビルに運びます。漁師も、高層ビルから出勤します。海上自衛隊が船舶の世話をします。都市空間内の物や人の輸送は、電車と電気自動車です。といっても、人はあまり水平移動する必要がないので、自転車が主体です。老齢者くらいが電車と電気カートかな。都市高層ビル同士の輸送は電車か船舶輸送です。国土の残りは、計画森林と野生農園にします。少数の管理人は置きます。計画森林では、間伐採や下生えを処理して、都市にエネルギー供給用バイオチップを送ります。定期的に伐採した木は、都市高層ビルの内装材に使います。山菜やキノコも採取して、高層ビルに送ります。小規模水力発電で電気は賄います。野生農園は、直播栽培を基本に、飼料作物、大豆、採油作物などを栽培します。家畜を放牧して、下草などを食べさせてもいいでしょう。無農薬有機栽培で産地直送ですね。牛肉は高くなります。鶏肉は安くします。豚肉は中間かな。排泄物は発酵ガス発電と堆肥化を進めます。人手が足りなければ、陸上自衛隊が支援し、細かな作業は高層ビルから電車で人を呼びます。高層ビルに馴染めない年寄りの介護養護施設を設けて、農作業に従事させてもいいでしょう。太陽光発電と小規模風力発電で電気を賄います。とにかく、都市連結型の自立国家とします。燃料代がかかる輸入など、しません。物作りも高層ビルの中でやります。百均商品も、スマホも、何でも。一都市国家に一箇所だけ、大型レジャーパークの設置を許可しましょう。国民の気晴らしと外貨獲得を目指します。輸入するのは、最小限の鉱石原料と原料石油と原料石炭くらいで、あとは自前調達リサイクルですね。日本の地場製品を復興させます。飛行場は、鬱陶しいので、郊外において、航空自衛隊基地と共用させます。警備も、出入国管理も自衛隊に任せます。不法入国者はスパイ扱いの軍法措置ですね。都会にかたまって住むとは、こんなイメージになります。地球にも優しいです。

  • 交通系ICカードとは 改札口での乗車券チェックは自動改札
  • Lenovo iPhoneを持っていますがUSBに抜き差
  • 自殺の手段 焼身自殺と首吊り自殺
  • 二次関数のグラフと問題の解き方 高1の二次関数のグラフに
  • 数学検索アプリ 下の写真の問題がわからないです